せんべろ酒場って知ってる?

   2019/09/21

皆さんこんにちわ。
酒フェス実行委員会のせんべろ酒場の青木です。早速ですが巷で流行っている「せんべろ」ってご存知ですか?実は先日せんべろのイベントを開催いたしましたので、今日はせんべろについてしっかり解説をしていきたいと思います!

目次
  • せんべろの定義
  • 本当に1,000円で酔えるの?
  • せんべろのイベントについて
  • せんべろで生まれる出会いとは・・

さてさて、早速ですが

せんべろの定義について解説します!

例えば、せんべろネット さんなどで紹介されている記事をご覧いただくとわかりやすく書いていますが、1,000円でおつまみ1品付いて2杯くらい飲めると定義されていますね。

ただ、wikiなどを見ると

せんべろとは、「1,000円でべろべろに酔っぱらえる」価格帯の酒場の俗称。とあります。

なるほど。笑

もちろん、1,000円で2杯飲んで1品食べれれば人によっては十分にせんべろを体感できるかもわかりません。

ただ、いうても私たちは「酒フェス」

もちろん2杯では酔っ払いませんよね?笑

本当に1,000円で酔えるの?

酒フェスでは定期的にアンケートを行っているのですが、飲みに行く日以外は飲まない方が多いようです。ただ、飲む方は缶チューハイや缶ビールを毎日1〜2本程度飲むって方が一番多かった。きっと、デートや家族のおでかけ、金土日の外食などお金を使う時に使って、毎日のお酒は節約傾向になるのかなって印象です。

結論。1,000円でべろべろにはなるかどうかは人によるって感じです。(もっとアンケートや取材を重ねて良いデータがとれましたらここで紹介させていただきます。※2019/9/21現在)

何度か私たちの酒フェスにご参加される方はご存知だと思いますが、酒フェスには様々な企画がありまして、その中のお試し編では1,000円で5時間飲み放題をやっております。笑

1,000円で5杯ではなく、1,000円で5時間飲み放題でございます。

基本的には帰る頃には大抵のお客さんはべろべろです。完全に「せんべろ」を体感いただけます。これぞせんべろ酒場ならぬせんべろイベント?笑

酒フェスの5時間飲み放題では、基本的なお酒はだいたいご用意がございます。ビール、ハイボール、ウーロンハイなど各種アルコールをはじめ、カクテルやサワー、会場によっては日本酒、焼酎、果実酒、梅酒と本当に沢山のお酒をご用意しております。

そして、最近では
東京・神奈川・大阪・名古屋・広島・岐阜・新潟・福岡などで開催しております。ビアガーデンやバーベキューなどビーチでも開催していますのでご機会があれば是非一度弊社のイベントに遊びにきていただきたい。

<お知らせ>
【1】
酒フェスの過去の開催風景はこちら
の写真アルバムでイベント風景をご覧ください。

【2】
TOPページはこちらをクリックお願いします!

TOP